早乙女唯 オフィシャルブログ「モデダイ」

【No.156】牛乳有害論の真実 | 元モデル・早乙女唯が食事制限なし、運動なしでできる、モデル界のダイエットをお話しします


テーマ:モデダイ続編

早乙女唯です

牛乳は有害な飲み物だ!

いや、カルシウムが沢山含まれる
素晴らしい飲み物だ

最近は、ネット上でも牛乳についての
話題が多くなりました

様々な意見が飛び交う、疑惑の飲料

それが牛乳です

実際、私へも
「牛乳は飲んでいいのでしょうか?」
というお便りが何通も届いてます

今日はこの牛乳有害論の真実について
私、早乙女が語りたいと思います!

まず結論から言います

“どちらでもない”というのが本当です

どちらでもない、とはどういう事か?

それは、牧草を食べて育った牛の乳は
体にいいけど

飼料を食べて育てられた牛の乳は
よろしくないということです

飼料はドッグフードではありませんが
いわゆる“キャトルフード”です

安価で効率最優先に作られた飼料が
牛にいいはずがありません

“野犬と飼い犬の不思議な関係”でも
お話ししましたが

自然や天然の素材が何一つ入ってない
酵素やエンザイムゼロの家畜用飼料は
当然、牛の体にも良くありません

食べ続けると免疫力が弱くなり
牛の病気が発祥します

病気になると牛に予防薬を投与します

それを連日繰り返すと、
晴れて薬漬けの乳牛のできあがりです

薬にまみれた素晴らしい牛乳を
供給してくれます

これが飼料で育てられた牛の実態です

牧草だけで育てられた牛の乳を飲めば
タンパク質もカルシウムもいっぱいで
体にもいいので、私もお奨めです

しかし・・・

牧草だけで育てられた牛というのが
今、日本に何頭いるでしょうか?

実は、牛というのは人間の都合だけで
生かされている動物です

人に飼われている動物全般も
そうなのですが・・・

少しでも多く母牛から乳を搾るため
生まれた仔牛は、すぐに母牛から
隔離されます

母乳を飲むことも許されません

では、その仔牛は一体何を飲んで
大きくなるのか

実は粉ミルクを飲まされているのです

この世界では、人間が牛乳を飲み
牛が人の作ったミルクを飲むという
奇妙な逆転現象が起こっています

産業が起こした、ねじれ現象です

お金と効率だけを求めて行動すると
こういう結果になるのです

また、機械でお乳を搾乳されると
牛は凄いストレスを感じます

子供を産んだ人は分かると思いますが

自分の乳を機械で吸い上げられる事を
想像して下さい

とても健全な状態でお乳など出せない
でしょう

よって、牛乳有害論の結論は

飼料によって育てられた牛の乳は
体に悪く有害である

だから、私たちの身の回りにある牛乳

スーパーで購入する牛乳や
学校給食に出される牛乳も
○害である、という事です

○の中身は、ご想像下さい

では、ちゃお!

早乙女唯

追伸)

牛は生まれた時から、人のために
生きています

親と離され、飼料を食べさせられ
お乳を出し続け

そして成長し、お乳が出なくなれば
肉として売られていきます

どうして、こんな話をするかというと
私の祖父が酪農家だったからです

子どもの頃、祖父からこういう話を
何回も聞かされてきました

私にとって誇りなのは

祖父は生まれた仔牛をしばらくの間
離れの小屋で母牛と一緒に生活させ

ある程度、大きくなってもちゃんと
母牛のお乳を飲ませていた事です

バケツいっぱいの牛乳を仔牛に直接
飲ませていた光景が、未だに目に
焼き付いています

自分が言った事は、ちゃんと守る人
でした

そんなおじいちゃんも、先日
亡くなりましたが

色々と、思い出話にふけっていたら

ふと、牛乳の話をする時が来たのかも
と思い、ブログに書き綴りました

今回は少し長くなりました

この追伸は、私の独り言だと思い
聞き流して下さい

 早乙女唯 オフィシャルサイト【モデダイ】            元モデル、早乙女唯が語るスーパーダイエット

Copyright © 2016 Office Next Dream All Rights Reserved.